珈琲大学物語

目覚ましが鳴り響いた気が…まあ良いか

今しばし寝る…zzz

まどろみ抜けたらおい何時だい?

って全然余裕のまだランチタイム

起き抜けの一服入れたら 差し当たって

顔洗って駆けつける近場の喫茶店

トーストにシュガーまぶして喰らう

流し込むIce coffeeならブラック

窓の外はドピーカン

アスファルト ギラつく陽炎の向こう側

見透かす 気持ちはチグハグ

昨晩の記憶 キックバック

馬鹿の考え日曜日に似たり寄ったりのそこらあたり

こいつを吸い切ったらもう用はない

じゃあ出かけよう 生温いビル風を逆走

 

Prease prease me  ice coffee and one smorking

こんがらがった脳裏 ひもとくひと時

Prease prease me  ice coffee and one smorking

グラスの底に見えてくる次のストーリー

 

モノクロの視界 後頭部に鈍い痛み

ニ杯目のIce coffeeを飲み干した俺は氷を噛み砕き

あたり見渡しまたひとつ溜め息

耳元で鳴らすビートの音量 最大

出来立てのユルいrhyme 咀嚼し歩き出す

あっと言う間にビルの影が伸びてく時間

夜になったらこっちのもんさ

仲間に電話して各駅停車

乗り込む トリコロールの日暮れ五時頃

吸う 吐く 深呼吸で街は色を取り戻す

同じ黒(苦労)でも感触は色々

似たり寄ったりの俺らの事情 状況

ぶちこわす ゆっくり段取り

かなり先だって満足にはほど遠い

めっちゃ使えない二千円札みてえなもんばっかり

あふれてる日々の中に

探し出す鍵 手がかり足がかり

まずは仲間と飛び込むイカれたparty


Prease prease me  ice coffee and one smorking

こんがらがった脳裏 ひもとくひと時

Prease prease me  ice coffee and one smorking

グラスの底に見えてくる次のストーリー


凪いだ波間 見繕い降り立つカモメ

疲れた羽を遊ばせて

ザザーッと打ち寄せる潮騒に

やたらと振り向こうともしない

そんな妄想…繰り広げる

午後なら俺のもの

さてそろそろ 飛び込む次の状況

氷を噛み砕いたら go on